商店と工芸 5月24日(金)より5月26日(日)

 

商店には、その町の歴史と共に歩み続けている家や人によって営まれている魅力があります。松本に根付いている由の価値観や美意識が商店に宿り、その商店によって町が形を成し、文化が漂っていく。老舗と新店もまた混ざり合い、互いに行き来を交わしながらこの町は続いています。
7回目となる商店と工芸。今年は初めて公募によって作り手をご紹介します。町の商店ならではの視点は、クラフトに賑わう松本の季節のなかでどのような意味をもてるのか。陽のあるうちは御使者宿市、夕方からは五月の宵祭。会場となる信毎メディアガーデンにてお待ちしております。

 

1. 御使者宿市(オシシャヤドイチ) 5 月25 日(土)・26 日(日)10:00 〜15:00 26 日は〜16:00
信毎メディアガーデン前庭にて、工芸、クラフト、農産物、飲食、商店が集まり、賑やかな市がたちます。
※かつてこの場所には、公的な目的で松本藩に訪れる使者を受け入れる「御使者宿」がありました。

 

2. 五月の宵祭(ゴガツノヨイマツリ) 5 月24 日(金)・25 日(土)15:00 〜21:00
御使者宿市の初日と前夜に同会場で開催。商店街の振る舞いや、近隣飲食店による露店で楽しい夕暮れをお楽しみください。
25 日19 時からは、ゲストにお神酒の口を制作する矢澤商店さんをお迎えしてトークイベントを開催します。

 

3. 店見世(ミセミセ)
職人が作った商店の商品、調度品を一年を通じてご紹介します。

 

 

【参加店舗】
開運堂本店 ジュエリーサロン鶴 村山人形店 ほか
【出展】
KADOKKO 米田屋(地酒)食蔵BASALA(地ワイン飲食)信毎メディアガーデン パントリーマルナカ(パン)MATCHAGARDEN(ドリンク)松本ブルワリー(地ビール)村山人形店(人形)メインバーコート(飲食)もっきんどう(飲食)本町商店街 interMaker(木工)woodworks one(木工)大槻篤志(セロリ)大月俊幸(染織)家具屋利右衛門(木工)cucina にし村(飲食)good drink’s KINO(GIN)COUDO(ドーナツ)QUIET SPACETOOL&FURNITURE(木工)style&art(木工)セイレン弦楽器工房(ウクレレ)tohto(カゴ)TROIS-winestand(自然派ワイン)PTBSby 藤原印刷(本)BG muffin(マフィン)マツモトキッチン(餃子)モリトヒトトキ(木工)YukoShimizu(アクセサリー)米澤ほうき工房(箒)𠮷原隆文(陶磁器)レッドハウスファニチャー(木工)ほか
【制作実演】
お神酒の口(矢澤商店) 木のへらを南京鉋で削って作る。(大久保ハウス木工舎) ほか
【ワークショップ】
できたての器で地酒を楽しむ[磨いて仕上げる杉の木のぐい飲み] [紙でつくる ぐい飲み]
【出演者】
BARON/バロン(ヴォードヴィリアン、シンガーソングライター) 5cm/sec(サックス) スナンダ・ミオ(東インド古典舞踊Odissi)ウツミ(easy listening) H to R ほか

[ 商店と工芸] とは…
松本の老舗や若い商店主、作家たちが協力して「工芸のまち 松本」の魅力を伝えるイベント
詳しくは商店と工芸 WEB サイト shoutentokougei.com をご覧ください。

問合せ/商店と工芸実行委員会事務局(村山人形店内 0263-32-1770)
共催/松本市本町商店街振興組合・商店と工芸実行委員会 後援/松本市